医師で糖質制限食の第一人者の江部康二先生が、大豆や健康、漢方などのお話をお届け。

・・・ドクター江部のプロフィール・・・

江部康二

江部康二(えべ こうじ)

医師、財団法人高雄病院理事長。京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所を経て1978年より高雄病院に勤務。
2001年、受け持っていた糖尿病患者に糖質制限食を取り入れ、患者の血糖値が劇的に改善。これを機に病院をあげて糖質制限食による糖尿病治療の研究に取り組む。
2002年、自身の糖尿病が発覚。以来、自らも糖質制限食を実践、糖質制限食による糖尿病治療を確立。自身の糖尿病の克服のみならず、高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム等に対する糖質制限食の画期的治療効果を証明する。多くの著名人からも絶大な支持を受け、芥川賞作家、宮本輝氏との対談本、「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」は、各界に大反響を巻き起こした。
【近著】
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』(ナツメ社)
『糖尿病・肥満を克服する高雄病院の「糖質制限」給食』など。

第3回 黒豆と漢方の意外な関係

江部先生先日、とある百貨店のバレンタイン催事会場に行ってきました。
私が監修している糖質制限チョコレートの販売がその会場であり、応援がてら会場を覗いてきました。

当たり前ですが会場は女性で埋め尽くされいて、
男一人でぽつんと立っているのはなんだか気恥ずかしかったのですが、
お陰様で糖質制限チョコレートは大好評で、初出店ながら売り上げランキングの10位を達成致しました。
女性誌のダイエット特集によく登場する所為か、「糖質制限」という言葉を知っているお客さんも多くて、
世の女性のダイエットへの関心の高さをまざまざと見せつけられたような気がしました。

ダイエットといえば、一頃「黒豆」ダイエットなるものが一時期流行り、
マルヤナギさんの「やわらか蒸し黒豆」も、製造が追い付かなくなるくらい注文が殺到したそうです。

私は、今でこそ糖質制限食で有名(?)になりましたが、
もともとはれっきとした漢方医でして、たまには漢方医らしいお話をということで、
今回は黒豆と漢方の意外な関係について書いてみますね。

「黄巻は是れ生豆を以て蘖と為し、其の芽の出づるを待ち、便ち暴乾し取り用う。
大豆に黒白の二種有り。黒きは薬に入れ、白きは用いず。其の緊小なる者を雄豆と為し、薬に入れ尤も佳。」

「神農本草経」に書かれた「もやし」の一文です。
「神農本草経」とは、今から約二千年前に書かれた医学書で、漢方医の教科書のようなものです。
ここの「黄巻(おうかん)」というのは黒豆のもやしのことで、
黒大豆で作ったもやしを乾かしたものを大豆黄巻(だいずおうかん)と呼び、
筋肉のけいれん痙攣や膝の痛み、しびれを取ると記されています。

そうです、なんと二千年前の中国では、もやしは薬だったのです。
さらに、「大豆には黒白の二種類ある。黒大豆は薬に使い、白大豆は使わない。
かたく小さいのを雄豆といい、薬として使うに最もよい。」
とあります。薬に用いられたのは普通の大豆ではなく、黒大豆でした。

昔の人達は、経験的に黒豆が健康に良いことを学び、薬として利用していたのです。
マルヤナギさんの「やわらか蒸し黒豆」は、古来から薬として利用されるくらい
栄養価の高い黒豆を丸ごと蒸してありますので、水煮などと違って貴重な栄養成分が溶け出すことがなく、
大豆の良いところをそのまま食べることができます。

皆さんも、マルヤナギさんの「やわらか蒸し黒豆」で先人の知恵を感じてみてはいかがでしょうか。
さてここまで書いたところで、「なんだそれじゃ普通の大豆はいらないんじゃない?」と思われたら
マルヤナギさんに怒られますので、次回は「大豆に黒白の二種有り」の「白」大豆についてお話しましょう。



スーパー発芽大豆お試しセット