医師で糖質制限食の第一人者の江部康二先生が、大豆や健康、漢方などのお話をお届け。

・・・ドクター江部のプロフィール・・・

江部康二

江部康二(えべ こうじ)

医師、財団法人高雄病院理事長。京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所を経て1978年より高雄病院に勤務。
2001年、受け持っていた糖尿病患者に糖質制限食を取り入れ、患者の血糖値が劇的に改善。これを機に病院をあげて糖質制限食による糖尿病治療の研究に取り組む。
2002年、自身の糖尿病が発覚。以来、自らも糖質制限食を実践、糖質制限食による糖尿病治療を確立。自身の糖尿病の克服のみならず、高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム等に対する糖質制限食の画期的治療効果を証明する。多くの著名人からも絶大な支持を受け、芥川賞作家、宮本輝氏との対談本、「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」は、各界に大反響を巻き起こした。
【近著】
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』(ナツメ社)
『糖尿病・肥満を克服する高雄病院の「糖質制限」給食』など。

第5回 糖尿病と糖質制限食

漢方の話が続いたので、今回は、糖質制限食のお話をしてみましょう。
恐らく読者の方の中には、ご自身が糖尿病の方やご家族が糖尿病の方がおられると思います。
連載の第一回目で簡単に書きましたが、もう少し詳しく書いてみますね。

江部先生米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 
また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。これらはカロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。
つまり、糖質、脂質、タンパク質のうち血糖値を上昇させるのは「糖質」だけなのです。

糖質を摂ると、すい臓のベータ細胞からインスリンというホルモンが大量に分泌されます。これを追加分泌と言います。
脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質はごく少量のインスリンを追加分泌させます。
現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が大きな問題として注目されています。
食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。
そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

江部先生
1gの糖質を食べると、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg、1型糖尿病の人だと、血糖値は5mg上昇します。炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には、55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。
空腹時の血糖値が100mgだとして166mg足すと266mg。血糖値が200mgを超えると、リアルタイムに血管の内側の壁が傷害されていきますので、266mgは危険なラインを大きく超えていることになります。

ところが、牛サーロインステーキを200g(約1000kcal)食べても、糖質含有量は1gもないので、食後血糖値は3mg未満の上昇しかないのです。
この話をすると皆さん驚かれますが、先程書きましたように、
血糖値を上昇させるのは「糖質」だけであり、食物の「カロリー」ではありません。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースに、
できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。
簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。
抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。

3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら、
薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。
一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、
カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、
一日の摂取カロリーを1200kcalと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。
ここで大豆の話に戻りますと、大豆は豆類の中でも糖質の含有量が低く、タンパク質・脂質が豊富なため、
糖質制限食に無くてはならない食材なのです。

最初に書きましたが、糖質、脂質、タンパク質のうち血糖値を上昇させるのは「糖質」だけです。
糖質制限食では、豆腐やお揚げ、納豆は言うに及ばず、大豆を使ったパンやスイーツなど、
様々な形で糖質の低い大豆を活用し、食後高血糖を防ぎます。
このような意味において、大豆のスペシャリストであるだいずデイズさんは、
糖質制限食を実践する上でとても大事なパートナーなのです。

私が監修する糖質制限食の販売サイトでも、だいずデイズさんの「スーパー発芽大豆」は、
販売数で常に上位5位にはいるといいますから、
如何に大豆が糖質制限食に取り組んでおられる皆さんにとって重要なのか、お分かり頂けるかと思います。

そうそう、その「スーパー発芽大豆」ですが、
スタッフブログ「毎日だいず応援団活動日誌」を読んでいますと、「残業しながらムシャムシャ食べています。」と書かれており、
私と同じだと思わず笑ってしまいました。私も、診察の合間にムシャムシャ食べてますので…。



スーパー発芽大豆お試しセット