医師で糖質制限食の第一人者の江部康二先生が、大豆や健康、漢方などのお話をお届け。

・・・ドクター江部のプロフィール・・・

江部康二

江部康二(えべ こうじ)

医師、財団法人高雄病院理事長。京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所を経て1978年より高雄病院に勤務。
2001年、受け持っていた糖尿病患者に糖質制限食を取り入れ、患者の血糖値が劇的に改善。これを機に病院をあげて糖質制限食による糖尿病治療の研究に取り組む。
2002年、自身の糖尿病が発覚。以来、自らも糖質制限食を実践、糖質制限食による糖尿病治療を確立。自身の糖尿病の克服のみならず、高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム等に対する糖質制限食の画期的治療効果を証明する。多くの著名人からも絶大な支持を受け、芥川賞作家、宮本輝氏との対談本、「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」は、各界に大反響を巻き起こした。
【近著】
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』(ナツメ社)
『糖尿病・肥満を克服する高雄病院の「糖質制限」給食』など。

第6回 なぜ糖質制限食で大豆を勧めるのでしょうか?

前回は、「糖尿病と糖質制限食」と題して、
糖質制限食について少し詳しく解説してみましたが、皆さんいかがでしたでしょうか。

「血糖値を上げるのは糖質のみ」と言われても、長年「カロリーが血糖値を上げる」と、
医者や栄養士までもが間違った認識を患者に言い続けてきているので、にわかに信じられないと思います。

ですが、前回も書いた通り、糖質が血糖値を上昇させるのは、生理学的な事実であり、
どこかの学者が言ってる仮説や学説ではありません。これは論争の余地のない「事実」です。
糖質を制限せずにカロリーのみを制限した「カロリー制限食」(高糖質・低脂質食)を実践する限りは、
かなり運が良くない限り糖尿病合併症から免れることは至難の技です。

何故なら、糖質を摂取する限り、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅の増大」を必ず生じるからです。
食後高血糖と平均血糖変動幅増大は、糖尿病合併症の最も大きな要因です。
食後高血糖と平均血糖変動幅増大を防ぐことこそが合併症予防の優先順位の一番なのです。
そして糖質制限食が唯一、食後高血糖を防ぐ治療食なのです。
ワンパターンの食事療法(カロリー制限・高糖質食)を早急に見直し、
糖質制限食を選択肢に加える必要があると強く思います。

さて話はかわりまして、今回はQ&Aです。この連載を読まれた方から、このようなご質問を頂きました。

「豆腐や納豆などの大豆製品って、野菜と比べて以外と糖質量多いですよね?
糖質制限で食べても大丈夫なんですか?それと、なんで糖質制限で大豆なんですか?小豆やそら豆はダメなんですか?」

絹ごし豆腐で100gあたり3.4g、納豆は100gあたり5.4gの糖質を含有しています。
ですから仰るとおり、葉野菜に比べればやや多めですね。
ですが、一人前の量としたら豆腐も納豆も50g程度なので、含まれる糖質の量はしれており、糖質制限食合格食材です。
木綿豆腐は100gあたりの糖質が1.2gとぐっと少なめで、全く問題ありません。

また、大豆は数ある豆類の中で、一番糖質含有量が少なくて、乾燥100gあたり約11gです。
無調整豆乳やおからも糖質制限食合格食品です。
小豆は乾燥100gあたり41g、インゲン豆は100gあたり39g、そら豆は100gあたり46.5gもあります。
従いまして糖質制限食では、大豆以外の豆は使用しません。

因みに、だいずデイズさんの「スーパー発芽大豆」の糖質量は、1袋50gで3.0g、
これなら診察の合間に食べても全然問題ありません。
小袋で食べやすく、食物繊維タップリでお腹も膨れるので間食にもってこいです。
読者の皆さんも是非お試しあれ。



スーパー発芽大豆お試しセット