料理家の小山浩子先生が「頭がよくなる育脳レシピ」をテーマに、ママ必見のお話をお届け。

・・・小山浩子先生のプロフィール・・・

小山浩子

小山浩子(こやま ひろこ) 料理家 / 管理栄養士 / フードビジネスコーディネーター

大手食品メーカー勤務を経て2003年フリーに。
料理教室の講師やコーディネイト、メニュー開発、栄養コラム執筆、NHKをはじめ健康番組出演等幅広く活動。 料理家としてのキャリアは20年以上。これまでに指導した生徒は5万人以上に及ぶ。
著作も多数あり、『目からウロコのおいしい減塩「乳和食」』(主婦の友社)で 2014年グルマン世界料理本大賞イノベ―ティブ部門世界第2位を受賞。 健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピを多数考案。 日本で唯一のミルク料理研究家でもあり、メディアで話題の乳和食の発案者でもある。
【テレビ出演歴】
TBS「はなまるマーケット」
NHK「生活ホットモーニング」・日本テレビ「ヒルナンデス」
フジテレビ「スーパーニュース」※管理栄養士としてレギュラー出演 など
【書籍他】
「頭の良い子に育つ育脳レシピ」 日東書院発行
「暮らし方がかわる! おうちでごはんを愉しむIHクッキング」小学館発行 他多数

第3回 育脳を考えた食事(朝ごはん編)

朝起きて最初にいただく食事、朝ごはんで何を食べるかは、
脳を目覚めさせ、脳活動を活発にさせるという意味でとても重要です。
実は寝ている間に私たちの体温は1度下がっています。
1日の活動に備え、体温をしっかりあげるためには、たんぱく質を必ず朝ごはんにとりいれるようにしましょう。
脳の40%は蛋白質でできていますから、脳をつくるという意味でも朝のたんぱく質は欠かせませんね。

そしてもうひとつ、朝ごはんに必ず取り入れたいのが炭水化物。
前回もお話ししましたが、炭水化物に含まれるブドウ糖は脳を動かす唯一のエネルギー源です。
しかも、夕食後に体内に蓄えられたブドウ糖は睡眠中にも消費され、朝起きた時にはからっぽに近い状態です。
炭水化物(ブドウ糖)が摂れる食事としてすぐに思い浮かぶものがご飯、パン、麺類でしょうか。

そして忙しい朝、菓子パンだけ、ごはんにふりかけ、
中にはビスケットやクッキー、バナナだけという方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、これらの食事からはブドウ糖は摂取できますが、ブドウ糖は吸収が早いため、
体内に入ると血糖値を急上昇させてしまいます。
体内で急に血糖値が上がるとインシュリンが分泌され、上がりすぎた血糖値を今度は下げようとします。
脳に栄養をスビードが急に鈍くなり、今度は逆にエネルギーぎれの状態に。
これでは子供は2時限目くらいから集中力がなくなり、記憶力も低下します。
大人でしたら、仕事の能率や家事効率もおちることになるでしょう。
ブドウ糖の吸収を緩やかにし、持続的にエネルギーが脳に送られるようにするには
主食の摂り方や食べ合わせが重要になります。

できるだけ一緒に食物繊維、カリウムを摂るようにして下さい。
食品で言えば、きのこや海藻、野菜、豆類です。乳製品や卵等の低GI食品を合わせるのもいいでしょう。
アミノ酸バランスの良い蛋白質、レシチン、食物繊維、カリウムを含む高栄養の蒸し豆は
朝ごはんの食材としてもとってもおすすめです。

スーパー発芽大豆を使った簡単レシピを紹介させて頂きます。
簡単でとってもおいしいので是非、作ってみてくださいね。

スーパー発芽大豆の育脳ソーセージプレート

スーパー発芽大豆の育脳ソーセージプレート

育脳パンケーキ&低GIシロップ

育脳パンケーキ&低GIシロップ

作り方
1. 粉類、牛乳、卵の順に合わせて、パンケーキの生地を作る。
2.フライパンにオリーブ油を熱し、生地を流して蓋をする。
3.小さな穴があいてきたら、裏返して火力を弱め、両面うっすら焦げ目がつくまで焼く。


スーパー発芽大豆の育脳ソーセージ

スーパー発芽大豆の育脳ソーセージレシピ

作り方
1. 袋にAの材料をすべて合わせて、大豆はよくつぶし肉となじませる。
2. フライパンにオリーブ油を熱し、1の袋の先を2cm切り、5cm長さに絞り出して表面をこんがり焼き、アルミホイルをかけて中までしっかり加熱する。
3. パンケーキと一緒にお皿に盛り、お好みでプチトマトを添える。



スーパー発芽大豆お試しセット