夏バテ知らずの体になれる
西邨スタイル「夏レシピ」

高温多湿の日本の夏・・・、40度以上を超える日も多く、私たちの体への負担は想像以上です。
今回はマクロビオティックコーチ・パーソナルシェフとして世界的セレブリティたちに食事を提供する
西邨マユミ先生にお勧め「夏バテ知らず・夏レシピ」を教えていただきました。

西邨マユミ先生(以後:西邨)
だいずデイズ店長田中(以後:田中)

田中 日本の夏は本当に暑さも厳しく、夏バテになりやすいですよね。私たちのお客様も夏場になると食欲が落ちて、何も食べられない・・・と夏バテの症状にお悩みの方がとても増えてくるんです。
西邨先生が普段実践されている夏のお豆レシピがあれば、教えていただけませんか?
西邨 私は、全部サラダです!だいずデイズの蒸し豆はお豆自体がおいしいので。
夏場はお豆に穀類を混ぜるのが良いですね。日本で穀類といいますとクスクース(クスクス)やキノア(キヌア)ぐらいなのかしら?暑い時には、火を通す時間が少ない調理法が体もおいしく感じるもの。穀物を茹でて冷ましておいて、蒸し大豆やサラダ豆をサッと合わせてサラダとして食べる。
ドレッシングはオイル(油)&ビネガー(酢)が基本ですが、夏ならレモンジュース(レモンのしぼり汁)にオリーブオイル、海塩が良いと思いますよ。
「蒸し大豆と雑穀の 中近東風サラダ」

nishi-vol3-1【材料】
蒸し豆
小さめの穀物(雑穀など)
みじん切りにしたイタリアンパセリ
レモンジュース(レモンのしぼり汁)
オリーブオイル、
海塩

すべての食材をあえるだけの簡単サラダ。
中近東でよく食べられているサラダで、海塩を使うことでミネラルもしっかり補給でき、夏バテ知らずの体になれます♪

田中 他に西邨先生お勧めのレシピはありますか?
西邨 私は何でも巻寿司にしちゃうのが好きなの。だから蒸し大豆も巻寿司に入れちゃう!巻きずらかったらお豆はつぶして入れ込むだけでもOK!他には緑のお野菜入れたりてして彩りを加えます。
野菜やお豆に下味を付けてももちろん良いのですが、食べる時にはお醤油につけちゃうので無くても大丈夫!最近はすっかりアメリカ人感覚になってきちゃってるので、手抜きできる所は手をぬきます(笑)。
田中 日本で寿司の形といえば、にぎり寿司か、海苔巻にするか、軍艦かですよね。
西邨 今アメリカ流行っているのはドーナッツ型!ドーナッツの焼き型に豆を敷き詰めて、ごはんを入れ、型からコロッと出せば、できあがり。上にはニンジンやキューリをかざる、シソを飾る。
アメリカでは新鮮なバジルが手に入るのでそれを飾ったりしています。
「アメリカで話題!お寿司ドーナッツ」

nishi-vol3-2【材料】
蒸し豆
寿司飯
ニンジン
大葉
黒ゴマ、生姜
わさび、マヨネーズ等

ドーナッツ型に蒸し豆、寿司飯を敷き詰めて、その上に黒ゴマや大葉等をお好みでトッピングすれば完成。お肉やお魚が苦手という方にもお勧めのドーナッツ型お寿司です。

田中 時間がないという方にもお勧めの食べ方はありますか?
西邨 穀類75%、豆類25%、この組み合わせでほぼ完全なプロテイン(たんぱく質)を摂ることができます。このバランスを意識すれば良いので、身近な所でいうと「おにぎり」も良いですね。
海藻類を入れるとさらにバランスが良くなるのでおにぎりの具として「佃煮」を入れたり、「焼き海苔」を合わせれば完ぺき!時間が無い時こそ食べ合わせが良いものを選んでくださいね。
「栄養バランス完璧!お豆の玄米おにぎり」

nishi-vol3-3【材料】
玄米(なければ雑穀ごはん)
蒸し豆
海苔
昆布の佃煮(お好みで)

栄養のバランスを考えると玄米を使うのが良いですが、なければ雑穀ごはんでもOK!
穀類3:蒸し豆1のバランスで合わせ、海藻類(海苔や昆布の佃煮)を合わせると栄養バランスに優れた一品が完成します。




スーパー発芽大豆お試しセット