善玉菌のエサになる「オリゴ糖」

大豆オリゴ糖とは?

ey-5-1最近よく耳にするようになった「オリゴ糖」。
オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなって、便秘を解消したり、腸内環境を良くしたりする働きをもっています。
続けて摂取していると腸内環境がよくなって、免疫力がアップする、お肌がキレイになる、大腸がんを予防することができると言われています。

オリゴ糖の多い食品

一日に必要なオリゴ糖の量は、大人で3~5g程度だと言われていますが、
自然の食べ物から摂取できる量はあまり多くはありません。
そのため、オリゴ糖はよくシロップなどにして市販されていますが、
市販されているものの中には、ショ糖や乳糖などで甘く味付けした人工のオリゴ糖もあります。

大豆製品で比べてみても、オリゴ糖の含まれている量は違います。
納豆は発酵するときにオリゴ糖がなくなってしまいます。

大豆製品100g中のオリゴ糖の含有量比較
蒸し大豆 1.42g
水煮大豆 0.79g
豆腐 0.42g
豆乳 0.50g
納豆 0g

食品分析センター調べ



実は、オリゴ糖には複数の種類があり、それぞれ特徴が違うと言われています。

大豆オリゴ糖

フラクトオリゴ糖 ・・・ ねぎ、ごぼう、バナナなど
ガラクトオリゴ糖 ・・・ 母乳、牛乳など
イソマルトオリゴ糖 ・・・ みそ、醤油、はちみつなど
乳菓オリゴ糖 ・・・ 加熱した牛乳・乳製品など
キシロオリゴ糖 ・・・ タケノコ、トウモロコシなど
ラフィロース ・・・ 甜菜など

その中でも大豆オリゴ糖は少量でも善玉菌を増やすことができると言われています。

大豆オリゴ糖と一緒に食べるといいもの

オリゴ糖はヨーグルトや寒天、食物繊維と一緒に摂るとより効果的だと言われています。
腸内環境を整える「食物繊維」でもご紹介したとおり、大豆にはごぼうの約3倍もの食物繊維が含まれているので、理想的な食べ物と言えるでしょう。

※オリゴ糖は過剰に摂取するとお腹がゆるくなることがありますので、摂り過ぎには注意しましょう。



スーパー発芽大豆お試しセット