大豆と行事「節分」のいわれ

なぜ節分に大豆を食べるのか知っていますか?

節分のいわれ

旧暦(月の満ち欠けで日を読む)の立春は、正月を迎えるころでした。
立春に鬼払い(おにはらい)をして悪いものを捨て、心と体をきれいにして
正月の神様を迎え、新しい年の福善を願う準備をします。

その鬼(悪霊)を払うために行うのが節分の豆まきです。
明治以後、太陽の動きで暦(こよみ)を読む新暦に変わってからは、2月3日になり、
現代でも節分の豆まきの行事が続いています。

節分の鬼の面豆は昔から「邪気を払う霊力」があると考えられており、
豆を煎る時のはじける音と匂い、そしていわしの頭の匂いとヒイラギの葉のトゲで
鬼(邪気)を追い払い福を呼び込むと言われています。

節分の豆まきでは年男(その年のえとの生まれの男性)
または一家の主人が「福は内、鬼は外」と言いながら煎った豆をまき、
撒かれた豆をみんな自分の年の数だけ豆を食べる(または年の数+1を食べる)、
食べられない人は紙に包んで神社に供えると1年病気にならないと言われています。

あずき~豆まきの豆知識~
もともと、豆まきの豆は小豆が使われていました。小豆の赤い色が魔よけの色だったためです。しかし、小豆は高価だったため、室町時代ごろに大豆に代わったとされています。最近では、殻付のピーナツを投げているところも。時代の流れと共に変わってきているようです。