株式会社だいずデイズ

フェイスブック インスタグラム お買い物ガイド 電話番号

美容と健康の味方「イソフラボン」

女性と蒸し大豆

イソフラボンとは

イソフラボンは大豆や葛などに含まれていて、
実は「ポリフェノール」の一種です。

様々なところで目にする機会の多いイソフラボンですが、
注目される理由は、女性ホルモンの「エストロゲン」と
化学構造が非常に似ているからです。

腸内細菌の働きでイソフラボンがエクオールに変化

近年、大豆イソフラボンの中でも特に、「エクオール」が注目の物質だと
判明してきました。
摂取したイソフラボンは、腸内細菌の働きでエクオールへと変化します。
ただし、この腸内細菌が体の中にあるかどうかは人によって違うと言われているのです。

日本人の約半数はこの腸内細菌を持っていると言われていて、
これは欧米諸国にくらべて非常に高い水準です。

理由は、私たちの身近にある大豆食品のおかげで、普段からイソフラボンを
摂取する機会が多いことが要因の一つとして考えられています。

しかしながら、日本人でも若い世代の人ではエクオールを
つくれる腸内細菌を持つ人の割合が減少してしまっているのです。
エクオールについては、次回詳しくご紹介させて頂きます。

腸内細菌の働きでイソフラボンがエクオールに変化

大豆イソフラボンを摂り過ぎても大丈夫?

イソフラボンをたくさん摂りすぎると病気になりやすいという報道が
ありましたが、本当でしょうか?

イソフラボンの摂取量に関しては、
「自然の食べ物で、無理なく食べる範囲では心配ない」と考えられています。
また、大豆イソフラボンの摂取が病気の発症率増加に直接関連している報告は
なされておりません。
しかし、サプリメントや添加物での過剰摂取については注意が必要とされています。

参考資料:大豆イソフラボンを含む特定保健用食品等の取扱いに関する指針について(厚生労働省)

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを大切にすることが重要です。