抗酸化作用を持つ「サポニン」

サポニンとは?

大豆サポニンは大豆に含まれる苦味や渋みの主成分です。
泡立つ性質を持っていて、大豆をゆでたときに出る泡やアクのなかにたくさん含まれています。
苦味があり味が落ちてしまうという理由から、
豆腐などではサポニンは取り除かれることが多く、含有量が少なくなっています。

大豆サポニンは抗酸化作用を持つと言われており、体の調子をよくしてくれると言われています。

酸化って何?

酸化ってなに?

酸素が鉄と結びつき錆びてしまったり、切ったリンゴの表面が茶色くしわしわに変化してしまったりするのが、酸化するということです。
私たちの体のなかでもたんぱく質やDNA、脂肪などが酸素と結びつくことによって、同じように酸化が起きています。
それにより、私たちの身体は老化が進んだり、病気になりやすくなったりしてしまいます。


体の酸化が抑えられると…

コレステロールや中性脂肪が増え、それらが体の中で酸化してしまうと、「過酸化脂質」と呼ばれるものになってしまいます。大豆サポニンは抗酸化作用により、この「過酸化脂質」が作られるのを抑制すると言われています。高脂肪な食事を続けるなどしてコレステロールや中性脂肪が増え、それらが体の中で酸化してしまうと、「過酸化脂質」と呼ばれるものになってしまいます。

この「過酸化脂質」は肝機能障害や肥満を引き起こす原因となるほか、血液をドロドロにして血栓を作る原因となり、高脂血症や動脈硬化、高血圧などが起こるリスクが高まってしまいます。

大豆サポニンは抗酸化作用により、この「過酸化脂質」が作られるのを抑制すると言われています。
また、大豆サポニンは悪玉コレステロール自体を低下させる働きもあると言われています。

大豆サポニンの抗酸化作用は、細胞のたんぱく質などの酸化を防ぐ働きもあるので、
お肌の老化にもよいとされているほか、ガンを予防する働きが期待され、現在、研究がすすめられています。



スーパー発芽大豆お試しセット