株式会社だいずデイズ

\20%OFFから/

フェイスブック インスタグラム LINE@ お買い物ガイド 電話番号

第10号「大豆&乳酸菌でべっぴん腸活のススメ」

こんにちは、食生活アドバイザーの秋吉です。少しずつ暖かくなってきて、やっと春が近づいてきたなと感じます。親戚の男の子が、キラキラした目で「今年から小学校やねん!」と言っているのを聞いて、つい私もウキウキしてしまいました。(私にとっては、何年前の話やら 笑)
春は新しい環境に期待もあれば、ストレスから「便秘」や「下痢」など腸の悩みが増える時期でもあります。不安があることでお腹の調子が悪くなったり、お腹の調子が悪いことで気分が滅入ったり
腸は第二の脳と言われる程、重要な役割を担っています。本日は、健康雑誌「日経ヘルス」で特集された「べっぴん腸活のススメ」から、だいずデイズスタッフもぜひおすすめしたい大豆の摂り方・ポイントをお伝えしたいと思います。(第10号2017年3月発刊)

蒸し豆ヨーグルト

大豆&乳酸菌で腸からきれいになるべっぴん腸活のススメ

大豆と乳酸菌、それぞれにからだに良い働きをすることはご存知ですよね。
まずは、それぞれの良いところをご紹介します。それでは大豆から!

大豆イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持ちます。
エストロゲンの減少により起こる更年期の不調、肌の乾燥や弾力の低下を防ぎ、
骨や乳房の健康を守るという報告も多くあります。

大豆たんぱく質

大豆に含まれるたんぱく質には血中コレステロールを低下させる働きがあるといわれています。
お肉と比べて脂肪が少なく、良質なたんぱく質をたくさん摂ることができます。

食物繊維

便のカサを増やし、腸の動きを良くして排出を促す不溶性食物繊維の含有量が
食品の中でもトップクラスです。
(100g中の食物繊維は、ゆでたごぼうが6.1g、蒸し大豆は7.3g。)

大豆オリゴ糖

大腸まで届いて腸内のビフィズス菌などのエサになり、腸内環境を整えます。
他のオリゴ糖よりも甘みが強いといわれています。

ビタミン・ミネラル

糖や脂質の代謝に必要なビタミンB群、骨を形成するカルシウム、
それをサポートするマグネシウム、ナトリウム排出に欠かせないカリウムなどを豊富に含みます。

一方、乳酸菌の効果といえば!

女性イラスト

大豆イソフラボンの効果を体内で発揮するためには

イソフラボンの効果を体内で発揮するためには、イソフラボンを
「エクオール(女性ホルモンのエストロゲンに似た成分)」に代謝する
腸内細菌が必要であることがわかってきました。

この腸内細菌を持っている人は、日本人の約50%。
若い世代では、大豆の摂取量が減っているため、さらに低くなっています。
大豆の機能性成分を効率よく取り入れるには、腸内環境が大切だということですね。

今までは、「ヨーグルトを食べる」など乳酸菌やビフィズス菌をとって
腸内細菌のバランスを改善するという方法が主流でした。
最近ではそれに加えて、腸内細菌のエサになる「オリゴ糖」や「食物繊維」などを
しっかり摂ることで、腸内細菌のバランスをコントロールしていくことも重要視されています。

おすすめの食べ方はこの組み合わせ!

「大豆と乳酸菌」とくに「蒸し大豆と乳酸菌・ビフィズス菌」を一緒に摂ることで、
どのような効果があるのでしょうか?

ここで特に注目していただきたいのが、ビフィズス菌です。
乳酸菌は糖を分解して乳酸を多く作り出す菌ですが、
ビフィズス菌は乳酸以外にさらに「酢酸」を作り出すことができます。
この「酢酸」は強い殺菌力があり、病原菌や悪玉菌を増えにくくします。

そんなビフィズス菌のエサとなるのが、大豆オリゴ糖。
つまり、ビフィズス菌と大豆オリゴ糖は腸にとっては最強の組み合わせということ。

蒸し大豆をおすすめするのはその栄養成分にあります。
大豆製品の中でも蒸し大豆のオリゴ糖の含有量はピカイチ。
一般的に乳酸菌やビフィズス菌を含む食品として、ヨーグルトは身近な存在ですよね。
甘みの強い蒸し大豆は、そのままヨーグルトにかけても相性ピッタリです。

大豆オリゴ糖含有量比較グラフ 大豆製品によってこんなに違いが!(蒸し豆が最高値)

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いと言われますが、
少しでも生きて腸まで届けば、増殖できるという専門家の意見もあります。
また、死んでしまった菌も、腸内細菌のエサになったり、
小腸の免疫組織を刺激することで免疫力を高めることができます。

食べ物から摂った菌を体内に定着させるのは簡単ではありませんが、
続けることが大切ですね。

おすすめ蒸し豆レシピ

大豆とドライフルーツのべっぴん腸~グルト「大豆とドライフルーツのべっぴん腸~グルト」

前の日の晩に、ヨーグルトとドライフルーツを合わせておくと、ドライフルーツがほどよい柔らかさになり、よく味が馴染んでおいしくなります。


あわせて読まれている記事