株式会社だいずデイズ

\20%OFFから/

フェイスブック インスタグラム LINE@ お買い物ガイド 電話番号

蒸し大豆と豆乳・豆腐の違い

蒸し大豆と豆乳と豆腐

前回の「まるごと大豆がおすすめ」にて、「蒸し大豆」と
他の大豆製品の違いについてご紹介させて頂きました。
そこで、今回は「蒸し大豆」と「豆乳・豆腐」にしぼって
より詳しく説明したいと思います!

違いは食物繊維

みなさんの食卓によく上がる大豆製品の定番、豆腐。
それから、健康を意識して毎日飲むかたも増えている豆乳。
豆乳や豆腐も大豆が原料の食品ですが、実は、大豆に豊富に含まれる
食物繊維が取り除かれてしまっているんです。

豆乳や豆腐は作る過程で、おからを取り除いていますが、
これが実は食物繊維なんです。
食物繊維といえば、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、
毎朝のスッキリを助けてくれるとっても大切な栄養成分。
【食物繊維について詳しく知りたい方はこちら】

100gあたりの食物繊維量 豆乳0.1g 豆腐0.4g 蒸し豆7.8g

だいずデイズの蒸し大豆は、大豆をそのまま、まるごと蒸しているので食物繊維も豊富。
食物繊維もたくさん一緒に摂りたい場合は、おからなどを取り除いていない
まるごと大豆の「蒸し大豆」を食べるのがおすすめです。

海外の研究では、閉経後でメタボリックシンドロームである女性のグループに、
食事のたんぱく質を「まるごと大豆」もしくは「大豆たんぱく質」に
置き換えて摂って貰ったところ、まるごと大豆の方が大豆たんぱく質に比較して
血糖値やLDL(悪玉)コレステロールをより低下させる結果となった論文も
紹介されています。

食事のたんぱく質を「丸ごと大豆」もしくは「大豆たん白」に置き換えて摂った場合の比較。空腹時血糖値やLDL(悪玉)コレステロールをより低下させます。特に丸ごと大豆のほうがその傾向が顕著です。
Am.J.Clin.Nutr.85:735(2007)

大豆は皮やおからも全部「まるごと」食べることで、より健康維持に役立つことが期待できますね。

お試しセット

あわせて読まれている記事