株式会社だいずデイズ

\20%OFFから/

フェイスブック インスタグラム LINE@ お買い物ガイド 電話番号

蒸し大豆の基本の使い方とレシピ

最近、雑誌やテレビで紹介されることが増えている蒸し大豆。
「そのまま食べてもおいしいけれど、レシピにはどうやって使えばいいの?」
今回は、そんな疑問にお答えします。

基本の使い方から、色んなジャンルのレシピに摂り入れた場合など
蒸し豆に興味を持ち始めた方にもピッタリの情報をお伝えします。

蒸し豆(蒸し大豆)のレシピ

1.蒸し豆の基本の食べ方

蒸し大豆はとってもシンプルな味です。
原材料は、大豆・食塩・米酢だけ。
食塩と酢は、大豆のあまさを引き立てるために、ほんの少しだけ使っています。

味付けをしていない「大豆そのままの甘さ・おいしさ」だから、
和食、洋食、中華、なんとスイーツまで!どんな料理に入れてもおいしく仕上がります。

基本の使い方はとりあえず「最後にちょい足し」です。
やわらかく蒸しているので、熱を加える必要はありません。
サラダを作ってパラパラ、スープに…
炒め物や煮物も最後に加えてさっと温めるだけでOKです。

2.蒸し大豆+和風レシピ

お味噌汁、ひじき煮、筑前煮、あえもの・・・など。
大豆はもともと、日本ではよく食べられていた食材です。
調味料として使われる味噌や醤油も大豆からできているので、相性はバッチリ◎
和風の料理にはなんでも合いますよ!

3.蒸し大豆+洋風レシピ

ミネストローネ、グラタン、シチュー、パスタ、サラダ・・・
海外でも豆類はとても大人気で良く食べられます。
なので、大豆はクリームソースやトマトソースなどとも相性抜群!
ドレッシングもなじみやすいので、サラダにはおすすめです。

レタスなどの葉物野菜に含まれる食物繊維はとっても少ないんです。
「食物繊維を摂るために」と思って食べていたサラダが、ほとんど意味がない…なんてことも。
蒸し大豆を加えて、野菜のビタミン等に加えて食物繊維を足すのがおススメです♪

4.蒸し大豆+中華レシピ

麻婆豆腐、春巻き、八宝菜・・・
蒸し大豆を刻んでミンチの代用として使えば、
コレステロール0なのでとってもヘルシー!
また、とろみづけした料理には、餡が大豆によくからんでおいしいですよ!

5. 蒸し豆を使ったレシピ集

なんといっても、蒸してあるから、完成する最後に
パラっと入れるだけでOKな手軽さがいいですね。
毎朝のヨーグルトに混ぜたり、スクランブルエッグに加えてボリュームUP!
など、簡単おすすめです。

他にも、蒸し大豆を使ったレシピを掲載中。ぜひお試しください!
【蒸し豆・蒸し雑穀レシピ集】

お試しセット

あわせて読まれている記事