蒸し大豆と豆乳・豆腐の違い

大豆は丸ごと食べるのがGOOD!豆腐や豆乳との違いをご紹介します。

食物繊維が違います。

大豆が原料の食品はたくさんあります。みなさんの食卓によく上がる大豆製品といえば、豆腐。
それから、健康を意識して毎日飲むかたも増えている豆乳。

豆乳や豆腐も大豆が原料でとっても体にいい食品ですが、
実は、大豆に豊富に含まれる食物繊維が取り除かれてしまっているんです。

md-3-1

豆乳や豆腐は作る過程で、おからを取り除いていますが、これが実は食物繊維なんです。
食物繊維といえば、腸内のスッキリを助けてくれるとっても大事なものですよね。
[食物繊維についてくわしく知りたい方はこちら]

だいずデイズの蒸し大豆は、大豆をそのまま蒸しているので食物繊維も豊富。
食物繊維もたくさん一緒に摂りたい場合は、
おからなどを取り除いていない「丸ごと大豆」を食べるのがおすすめです。

丸ごと大豆はコレステロールにもGOOD!

md-3-2閉経後でメタボリックシンドロームである女性のグループに、食事のたんぱく質を「まるごとの大豆」もしくは「大豆たんぱく質」に置き換えて摂って貰ったところ、まるごと大豆の方が大豆たんぱく質に比較して血糖値やLDL(悪玉)コレステロールをより低下させる結果となった論文も紹介されています。(Am.J.Clin.Nutr.85:735(2007))

大豆は皮やおからも全部「丸ごと」食べることで、より健康のキープに役立つことが期待できますね。



スーパー発芽大豆お試しセット